紀南の学生相撲大会がいつ頃始まったのかは知らないが、会場は田辺商業学校。田辺中学校・熊野林業学校・高山寺相撲場などであったと思う。我が瀬戸鉛山村は土地柄だろうか、走るのは遅いが相僕は強かった。相撲についての武勇伝は幾つもあるが私の知る限りのことを記録しておこう。

大正何年だったか定かでないが、高等科に田井国松・西 久右衛門・田芝五郎、尋常科に真鍋一雄・南 良三・渡瀬 実らがいた。会場は田辺実業学校(後の田辺商業学校)の校庭で田辺西牟婁学童相撲大会があった。この大会の尋常科の部で瀬戸チームが優勝したが、その頃はまだ村に電話がなかったので、小学校の校長宛に「尋常科優勝す、迎え頼む」と電報を打って迎えに来てもらったことがあった。

また、正木俊治・田野清四郎・谷 勇らの組は尋常科のときも高等科のときも連続優勝したことがあり、その後大江孫一・正木義一郎・門野永二郎の各氏も個人優勝した。そして、彼らの三年後輩の堂甚蔵は、無類に強く、田辺・西牟婁郡では敵がないとまで言われ、彼の代で二、三回優勝している。

そのほか、真鍋正明・西 勝・古谷富士夫氏らも学童相撲の名選手であった。中でも古谷は、成人してからも田辺の目良国夫氏らとあちこちの相撲大会に出場していた。

当時、竜神村から東白浜へ来ていた池ノ本直治(昭和二年生まれ)は学業優等、スポーツも万能で、昭和十四年度の高山寺学童相撲大会で個人優勝を果したが、その後海軍を志願して水兵となり、惜しくも昭和十九年に戦死した。

江津良の田野清和氏も小柄ではあったが相撲巧者で鳴らした人である。特に昭和五十三年四月には『北ノ湖』一行を、昭和六十二年四月には、『千代ノ海』一行を白浜に誘致した彼の功績は大きい。

湯崎地区には島津酉二郎・今津唯雄・百合 明などの名選手たちがおり、特に島津氏は昭和十五年秋、明治神宮全国相撲大会に出場した。わが白浜町では、十河についで第二の全国相撲大会選手であった。彼は、昭和十七年に現役兵として満州に渡り、後に憲兵となって戦後復員した。

(この他にも、多くの選手いたと思うが、私の知る範囲で記録したものである。)
shira20