白浜町の語りべの話 附 白浜町の出版物の概要
白浜町の語りべの話
  • HOME »
  • 白浜町の語りべの話 »
  • 昔話

昔話

鴨居地区のお殿様

慶安三年(一六五〇年)に瀬戸臨海浦に徳川様の別邸が出来たというから今から三百五十年前のことであろう。それ以来、 …

本覚寺 阿弥陀如来の由来

「南龍公」の別邸が臨海の桔梗ケ原に出来上がったころの話である。 京仏師によって造られた阿弥陀如来像を江戸の増上 …

正木家の先祖

綱不知の正木家の祖先は、その昔熊野大社の神官が綱不知にやってきて住みついたものと言われている。そして、そのとき …

江津良坂本の六部さんの話

昭和四十年十一月二日、それは白浜第一小学校(池永良雄校長)が瀬戸一丁目七五〇番地から瀬戸四丁目一九〇番地へ移転 …

辻家の地蔵さんの由来

瀬戸二丁目の辻若一郎さんの家は古い家柄です。今から三百年程前、この家に一人の娘さんが生まれました。そしてこの娘 …

松の木地蔵さんの由来

美之浦から瀬戸四丁目ヘ通じる道は今でこそ立派な自動車道路になっていますが、昔は細い山道が通じているだけの寂しい …

船乗り『瀬戸正』の話

昔、瀬戸浦に「正三」という、えらい船乗りがおりました。主として兵庫県の灘から江戸までの間を行き来していたようで …

五郎ケ島とお菊の棚

◎ 五郎ケ島 昔瀬戸に五郎という少年が住んでおりました。ある日、その五郎が番所崎の離れ小島ヘアマノリを採りに行 …

崎の湯と豆屋逸入の話

昔、鉛山村に豆屋逸八という猟師がおりました。あるとき、彼が山へ猟に出掛けたところ、はるか彼方の岩上に見馴れぬ大 …

「もんぢ」さんとボラ網の話

「南紀民俗覚え帖」という本に次のような物語があります。 熊野三所神社の境内に「もんぢさん」と呼ばれる小さな祠が …

Page 1 / 212
Copyright © 白浜町の語りべの話 All Rights Reserved.